S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

参加してます

「1ポチリ」が更新の励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

ページタイトル new林檎
携帯:SoftBank(SH)
お小遣いサイトに参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウント


現在の閲覧者数:
皆様、ありがとうございます!

ユーザータグ

   

挨拶 新年 守ってナイト ハッピーエンド モバゲー 攻略 氷浦浩介 彼と禁断の男子寮 円城寺雄大 ホープエンド GREE 剣崎鷹明 ヴァンパイアKISS ラブエンド 鐘ヶ江基 柊由希彦 柊千歳 魔法少女フォーリンラブ 朝日俊平 和栗一也 拍手返事 アンケートサイト AIP マイボイス 近況 鈴村陽光 彼と禁断の保健室 芥川正午 放課後タイムトリップ グッドエンド 青木智大 鬼一法眼 至福エンド トキメキ幻想 恋スル源平 2nd アブナイ 小野瀬葵 恋の捜査室 高坂昌信 恋戦 いざ、出陣 マウス 幸福エンド ナガシマスパーランド ハリー・ポッター 死の秘宝 映画 6月 乙女ゲーム 予定 携帯 続編 トキメキ最強 スーパーハッピーエンド スパハピ 岩崎秀太郎 オレ様学園 訃報 天下統一 徳川家康 恋の乱 源義経 現代エンド いざ出陣 甲斐 祝言結末 最近 いざ、出陣! うつろう波に心寄せ 恋陰陽 源平LOVERS 番外 携帯アプリ 恋維新 幕末LOVERS 平穏終幕 原田左之助 恋人は御曹司 青海正剛 フィアンセ編 ハピエン 長尾景勝 通常結末 上杉景勝 第二幕 サイバーパネル 衝撃 報告 方丈黒太郎 司馬将太郎 修一 結婚編 恋人は同居人 ノーマルエンド 真田幸村 榊宗一郎 ラストソングを君に グトエン 天下統一・恋の乱 ノマエン 五章 セカンド 小笠原諒 源頼朝 極上終幕 恋戦隊 千鳥博士 LOVE&PEACE ロストエンド 恋戦隊LOVE&PEACE 王子様のプロポーズ エドワード 神崎圭一郎 高杉征人 三國亮 アリスマティック CAPAT 月並終幕 源氏 武蔵坊弁慶 無情終幕 斉藤一 長尾景虎 上杉謙信 四章 時の恋人 久良木雪敏 家庭教師に恋シテル 伊達 亨司 深町葉介 バッドエンド MEMORIES★時の恋人 都祭航 MEMORIES 如月公平 美咲輝 奈落終幕 ロベルト王子 ロベルト・バトン 3X ダーク 機械怪人ダーク 獅堂櫂斗 ワールドレオ 地震 エピローグ ロベルト ロベルト・バトン王子 平維盛 平氏 至福終幕 木曾義仲 近藤勇 藤守賢史 キース キース・アルフォード 平知盛 代官山シークレットLOVE 桐島響 初詣 三章 アプリ 織田信長 戦国LOVERS 本編 地獄終幕 今井兼平 ジョシュア ジョシュア王子 ジョシュア・リーベン  劉備玄徳 三国志LOVERS 極楽終幕 セカンドシーズン 明智誠臣 通常終幕 続編~」近藤勇/第二幕 越後 2011年 二章 2010年 序章 第二部 新撰組 エドワード=ルヴァンソワ 完結編 明智光秀 突然終幕 菊川荘太郎 御堂要 同棲編 執事 日野先生 日野凱 教師 梶原景時 澤怜司 SIVA 羽柴秀吉 柴光太郎 恋愛GOOD 放課後の恋人 芹沢碧 2年後編 雅季 沢渡真 彼と禁断の男子寮」 牧村朋久 夏目京助 恋愛グッドエンド トキメキ幻想★恋スル源平 武田信玄 機械人間ダーク  グレン・J・カシラギ グレン 恋愛ハッピー 平重衡 グレン王子 英雄★三国志LOVERS 東宮晶 恋愛グッド 深國明彦 理事長 有沢丈太郎 平教経 一条瞬 恋愛ハッピーエンド ウィル・A・サスペンサー ウィル王子 ウィル 秋月祐士 甲斐マクシミリアン 二階堂薫 幕末乱れ咲 桂小五郎 坂本龍馬 裕次 3年後 直江兼続 9月 猿飛佐助 彩木嵐士 ヘアメイクコンテスト 稲森悠 アブナイ★恋の捜査室 恋維新・幕末LOVERS 土方歳三 恋戦隊★LOVE&PEACE 黒峰継 伊達政宗 アンとケイト アンケート 有里駿輔 サッカー大会 朝比奈和哉 総長 山南敬助 小早川大樹 2年後 8月 いざ、出陣!恋戦 機械人間ゼロ ゼロ 元樹一真 室長 穂積泪 ウエディング 加瀬大樹 雅弥 緒方杏平 水橋透 新キャラ 金城レオン 執事エンド サブキャラ 柊薫 7月 一章 新婚旅行編 花咲雅楽 恋人はミュージシャン 岡田以蔵 恋愛エンド 青山玲士 六章 新婚旅行 史実結末 前田慶次 恋人エンド 姫川悠 猿飛黄平 遠野理人 赤木風太 神前挙式エンド ウエディング編 葉山瑠禾 平敦盛 平氏編 一之瀬琉緯 2人挙式エンド 佐藤堅司 2人っきり挙式エンド 野々原陸 百鬼 妖狐様にお願い 共通章 トキメキ最強★オレ様学園 5月予定 我門竜一 麦秋 教会挙式エンド 恋陰陽・源平LOVERS 勝海舟 幕末想伝★恋の嵐 メモ 4月 infoQ ふたりっきり挙式エンド キューモニター サービス終了 ボイスポート 銭金クイズ 服部半蔵  緑川龍 3月 沖田総司 石田三成 荒瀧晋作 神前挙式END 維新派 ボス 関口大和 続編スーパーハッピーエンド 恋人は名探偵 佐々木小次郎 森島太一 マフィアなダーリン 教会挙式END 恋愛END 大阪編 2月 国木田トヲル エステの王子様 尾張編 新編 氏家礼二 ハッピーエンド 南波櫂 ふたりっきり挙式END 氏家礼二 恋人はヴァンパイア 黒崎亜蘭 マスター 増田ヒロ ルームシェア★素顔のカレ 宝来和人 正月の夜 大晦日の夜 日下部一輝 古屋誓 ハリス・スチュアート 神前式END 最終話 新年挨拶 2010 菊原千尋 藍田祐樹 家族エンド 神戸大我 マフィアな★ダーリン 伊達の双璧 小早川秀秋 信頼ハッピー 芹澤清馬 片倉小十郎 大神達 恋人はトップアイドル 清田創一 木曽義仲 東堂寺天休 三浦翼 山荘編 クリス 桜木遼 栗巻文太 及川陽向 デート編 エマノン 新山孝 望月譲 藤堂虹太 K2 No.2 有馬郁人 信頼グット 都賀井滋 放課後の恋人2 君塚彗 藤島時央 霧生慶人 穂月慶 穂月慶エンド 先輩 五十嵐未来 慰安旅行 桜庭裕介 森蘭丸 皇瑠唯 友達エンド 蒼井巧 神楽坂真尋 恋人は御曹子 桜庭祐介 高杉晋作 七蔵二郎 朝丘来人 No.3  本郷潤 霧隠才蔵 大正ロマンチカ 三代川裕一郎 ヒルズの恋人 橘直人 松田慶太 恋の散歩道 五十嵐悟 恋哀日記 TragicEnd NomalEnd 蔵元翔吉 転校生 中瀬楓 信頼グッド 番外編 狙われた大和事務所 ノーマルエンド2 不動幸太郎 恋人シナリオ 5日間 秘密エンド 秋宮史 HAPPYEND 豊臣秀吉 ルート 品川浩人 執事シナリオ 清水次郎長 ハルス 万乗直樹 佐久間律 酒井潤一 NORMALEND 僕は君におとされる 山崎要 葛城圭吾 小畑桂介 夢エンド 響冬馬 END TRUE スーパーハッピー 十五夜、お月様 樋口和彦 恋愛グット 大泉銀河 デート 大寺晃 GOODEND TureEnd 恋する生徒会室 結城一哉 大澤駆 放課後は恋人2 シーズン 西園寺士郎 拍手お返事 岬裕也 織姫と彦星 イベント アプリ調整 婚約エンド グットエンド 一ツ橋颯太 バットエンド 恋人とは名探偵 八木澤慎 乗万直樹 恋愛ベスト 有栖川友樹 矢野達也 NormalEnd 優耶 一文字戒 TRUEEND 東九条歩 最終回 TrueEnd 桂小十郎 仁科竜二 山手竜ノ介 宇宙一の茶人 直江兼続く 高良聖仁 公認エンド ハッピー 恋人トップアイドル 御堂 5日間 高良聖人 SH後 綾小路玲 竜ノ介 和泉涼平 朝倉修一郎 黒川春実 天下御免の傾奇者 放課後の恋人2 黒川春美  天下統一恋の乱 シークレットエンド iMiネット ライフメディア マクロミル お財布.com お小遣いサイト 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「王子様のプロポーズ」キース・アルフォード王子/Episode9

今日で9日目です。
(選択肢含むネタバレ↓)






































<選択肢>
8日目・・・スチル
*黙っておく
*ローラさんの気持ちがわかるから・・・・・・


国王の追求に・・・。
「こういう大事なときだからこそ、私は外に出たのです。 今、リバティ王国を襲っている不況・・・・・・それを解決するためには、自分の目でその状況を見ないことには始まりません」
ハッキリした口調で言うキース。
それを見つめる国王は、何か考えるようにわずかに目を細め。
「・・・・・・キース、お前は・・・・・・」
何かを言いかけた時。
「国王様、お待ちください」
声の主は、ニコルソン長官(=ローラの父親)。
「このような、王家にとって恥ずべき記事が出回ったのは、キース様の責任ではないかと思います」
「・・・・・・どういうことだ?」
「とがめるべきは、この者でしょう」
鋭い眼差しは主人公へ。
(えっ!?)
「この者は、ノーブル・ミッシェルでのパーティーで、自分の身分をわきまえずにキース様に言い寄ったのだと聞いています」
「そ、それは・・・・・・」
(誤解なのに・・・・・・)
「おそらく、最初からアルフォード家に入り込むのが目的だったのではないかと思いますが」
(そんな言い方・・・・・・)
ここで選択肢。
(こういう場で言い返す方が良くないないよね・・・・・・)
馬鹿にするように小さく鼻を鳴らし。
「そもそも、いやしい庶民が城内に足を踏み入れているだけでなく、国王様にお目にかかっているなどと・・・・・・それ自体が罪深いことだ」
(・・・・上流階級じゃないことが、そんなにいけないことなの・・・・・・?)
言い返したくなるのを我慢していると・・・隣に立っていたキースが一歩前に出ます。
(キース様・・・・・・?)
「彼女には、なんの罪もありません」
「・・・・・・なんですと?」
「街へ出る前、彼女に案内を頼んだのは私です。ですから、罰を受けるのは私だけにしていただきたい」
(罰って、そんな・・・・・・)
とっさに口を挟もうとした時、国王は小さくため息。
「・・・・・・キース。お前たちをここへ呼んだのは、罰を与えるためではない」
「え?」
視線を主人公へ。
「キミは、使用人としてうちに入って以来、宮殿内のことだけでなく庭師の手伝いもしているらしいな」
「は、はい・・・・・・」
「その働きぶりは、アレックを始め、ほかの使用人からの評判が高い。・・・・・・また、その人柄もな」
(そう、なの・・・・・・?)
「キミとこうして話をするのは初めてだから、私自身は、キースのようにキミをかばうことはできない」
(あ・・・・・・)
「だが、キミを擁護する声があることを考えれば、始めから何かのたくらみだと決めつけるのは早計だ」
国王の言葉に、ニコルソン長官はどこか悔しげに顔を歪ませます。
「今日、ふたりに来てもらったのは、国が危機的状況に陥っている今をどう受け止めているのか・・・・・・それを確かめるためだ」
穏やかな表情になり・・・。
「ふたりとも、もう行って良い」
頭を下げて二人は退室。
その後、ローラが新聞を手に来ますが・・・キースは冷たい態度。

(なんか・・・・・・今日は朝から、いろんなことがあったなあ)
(とりあえず、今の騒ぎがおさまったら・・・・・・すぐにここを出た方がいいのかも)
キースの顔がよぎると同時に胸には小さな痛み。
(このままキース様のそばにいられたら、とは思うけど、このままだと彼に迷惑をかけてしまうことになる・・・・・・)
庭の掃除をしていると、ローラに声をかけられます。
今朝の事を謝られ・・・。
「キース様の意志で、あなたをそばに置いているというなら・・・・・・もう私には何も言うことができないわ」
「ローラさん・・・・・・」
「だからというのもおかしいかもしれないけど・・・・・・お詫びの印に、私の家へ招待させてほしいの」
「ローラさんのお宅に?」
(どうして急にそんなこと・・・・・・)
「ええ。このあと、私の友だちを招いてパーティーを開くのだけど、そこにあなたも来てもらえないかしら」
(それは・・・・・・)
そこはかとなく感じる違和感。
なんとなく返事を躊躇っていると・・・そばに来て、手を握られます。
「お願い・・・・・・」
間近でそう言われて断ることができず、じっと見つめ返すと・・・。
更に握られ、スッと顔を近づけてきます。
「どうしてお詫びをさせてほしいの・・・・・・ね、お願い?」
(そこまで言うなら・・・・・・)
「・・・・・・わかりました」
「良かった。じゃあ、お昼過ぎに迎えの車を出すから、仕度をしていてちょうだい」
「あの、でも私、パーティーに着ていくような服は・・・・・・」
「ああ、カジュアルな格好でかまわないわ。内輪の、こじんまりとしたものだから」
(そっか、それなら大丈夫かな?)
「そうですか」
「それじゃあ、またあとでね」
・・・・・内輪だけのこじんまりとしたもの、って嘘っぽい^^;

パーティーは案の定、普通のパーティー。
(完全に場違いだ、私・・・・・・)
「あの人、あんなみっともない格好で・・・・・・」
「ローラ様のパーティーをなんだと思っているのかしら」
聞こえてくる女性たちの言葉。
(ローラさんの言葉に甘えすぎちゃったんだ・・・・・・)
扉から出てきたローラに声をかけようとすると・・・。
「来ないで」
「えっ・・・・・・」
冷やかな眼差し。
「わかったでしょう?」
「わかったって・・・・・・何が、ですか?」
「自分が、いかにキース様には不釣合いかってことがよ」
(なっ・・・・・・)
頭から足のつま先まで見て、ローラはフッと唇を歪ませます。
「本当に、なんて品がないのかしら。そんな格好でいて恥ずかしくないの?」
「あ・・・・・・」
「私のパーティーにすら浮いているあなたが、キース様の横にいて釣り合うはずがないでしょう? ・・・・・・ねえ?」
射抜くような眼差しに体は動かず・・・。
「高貴なキース様にふさわしいのは、私のような美しい人間よ」
(キース様とは住む世界が違うのはわかってるけど・・・・・・でも・・・・・・)
耳に届くのは、バカにしたような笑い声。
(こんなことをしてまで、ローラさんは私をキース様から遠ざけたかったの?)
すぐにでもこの場から逃げ出したい気持ちに駆られていると、不意に会場の外で人の声が聞こえます。
「何? 騒がしいわよ!」
ローラが外に向かって声をかけると、派手な音を立てて扉が開きます。
そこにいたのは・・・・・キース!
一瞬にして静まり返す室内。
ローラは引きつった笑みを浮かべ。
「キ、キース様・・・・・・どうしてこちらに・・・・・・?」
キースは何も答えず、鋭い眼差し。
「俺のいないところで、軽々しく俺の話をするな。不愉快だ」
「あ・・・・・・」
「それから、誰が自分にふさわしいかなんて自分で決める。 少なくとも、お前には関係ない」
「関係・・・・・・ない・・・・・・?」
一気に青ざめるローラを見て、キースはフイッと視線を外します。
主人公を睨みつけ。
「帰るぞ」
「は、はい」
手を引かれ、出入り口へ。

リバティ城。
キースに手を引かれるまま、バルコニーへ。
ここに来るまで、キースは無言。
(何か怒ってる? ・・・・・・キース様のことを勝手に話していたから・・・・・・?)
「キ、キース様・・・・・・」
振り返ると。
「お前、なんで言われっぱなしになってたんだ?」
そう言うキースの目には、怒りの色が浮んでました。
「なんでって・・・・・・」
「俺には、さんざん言い返すくせに」
(うっ・・・・・・)
「そ、それは・・・・・・すみませ・・・・・・」
「謝ってほしいわけじゃねえよ! なんで言われっぱなしだったんだって聞いてるんだ!」
ここで選択肢。
「ローラさんの気持ちがわかるから・・・・・・」
キースは怪訝そうな顔に。
「・・・・・・どういう意味だ?」
「ローラさんは・・・・・・」
返事をしようとして、ハッと口をつぐみます。
(ローラさんはキース様のことが好きだから・・・・・・それでたぶん、私が気に入らないんだろうけど・・・・・・でもそれは・・・・・・)
勝手に言うことができず、目を伏せると・・・キースはため息。
「ローラの気持ちはわかるって・・・・・・お前は、他人に対してああいう、こそくなことをするような人間じゃないだろう」
その言葉を嬉しく思いながらも、キースがイライラしているのが伝わってきて何も言えません。
(それにしても、キース様はどうして・・・・・・)
「あの・・・・・・どうして、そんなに怒っていらっしゃるんですか?」
「どうしてって・・・・・・」
「心配してくださるのは、本当にうれしいのですが・・・・・・でも・・・・・・」
(国王様と話したときも、さっきも・・・・・・どうしてキース様は、こんなに優しくしてくれるんだろう?)
戸惑いに気付いたのか、キースは視線を彷徨わせます。
「キース様?」
顔を少し覗き込むようにすると、不意に手が伸ばされ・・・・・。
「あっ・・・・・・」
気づくと、バルコニーの手すりに押しつけられてました。
(ここでスチル)
「俺だってわからねえよ、なんでこんなに腹が立ってるのか!」
怒ったような、でもどこか真剣な瞳。
「けど・・・・・・お前が言い返さなかったことが・・・・・・」
そう呟く瞳に、ふと寂しげな光がよぎります。
「・・・・・・いや・・・・・・関係ないヤツらに、お前の悪口を言われたことが・・・・・・心底、頭に来てる」
(キース様・・・・・・)
何も言えずにいると、まっすぐに見つめられ・・・・・・。
「お前に文句を言っていいのは、俺だけだ」
その言葉にドキリとしながらも、無意識に。
「な・・・・・・なんですか、その自分勝手な言い分は・・・・・・」
言い返すと、キースの顔が真っ赤になります。
「だから、なんでお前は、俺に対してはそうやって言い返してくるんだよ!」
「それは、キース様の言葉があまりにも自分勝手だからです!」
「自分勝手って、どういう意味だ!?」
「その言葉通りですよ! なんでキース様なら、私に文句言ってもいいって話になるんですか!?」
言い合った後、お互いに睨み合い・・・。
そのとき、なんとなく心がホッとするような気がします。
(なんか、いつもの感じだ・・・・・・)
さっきまで張り詰めた空気が和らぎ・・・。
それを感じたのか、キースは手を離します。
視線を交わしたあと、同時にクスッ。
「・・・・・・俺に言わせれば、お前だって相当、自分勝手だ」
「キース様にはかないませんよ」
冗談めかすように言うと、頭を軽くこつかれます。
その感触は、胸を温かくすると同時に、かすかなときめきを与えてくれる。
(何もいらないから、今はただ、こんな関係がずっと続いてくれたら・・・・・・)



キースは、まだ無自覚・・・・・?
次回予告・・・・・急速に縮まっていく二人の距離!
スポンサーサイト
「トキメキ最強★オレ様学園」日野凱/LESSON1 | HOME | 「恋人は同居人~同棲編~」雅季(2)/5日目

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。