S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

参加してます

「1ポチリ」が更新の励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

ページタイトル new林檎
携帯:SoftBank(SH)
お小遣いサイトに参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウント


現在の閲覧者数:
皆様、ありがとうございます!

ユーザータグ

   

挨拶 新年 守ってナイト ハッピーエンド モバゲー 攻略 氷浦浩介 彼と禁断の男子寮 円城寺雄大 ホープエンド GREE 剣崎鷹明 ヴァンパイアKISS ラブエンド 鐘ヶ江基 柊由希彦 柊千歳 魔法少女フォーリンラブ 朝日俊平 和栗一也 拍手返事 アンケートサイト AIP マイボイス 近況 鈴村陽光 彼と禁断の保健室 芥川正午 放課後タイムトリップ グッドエンド 青木智大 鬼一法眼 至福エンド トキメキ幻想 恋スル源平 2nd アブナイ 小野瀬葵 恋の捜査室 高坂昌信 恋戦 いざ、出陣 マウス 幸福エンド ナガシマスパーランド ハリー・ポッター 死の秘宝 映画 6月 乙女ゲーム 予定 携帯 続編 トキメキ最強 スーパーハッピーエンド スパハピ 岩崎秀太郎 オレ様学園 訃報 天下統一 徳川家康 恋の乱 源義経 現代エンド いざ出陣 甲斐 祝言結末 最近 いざ、出陣! うつろう波に心寄せ 恋陰陽 源平LOVERS 番外 携帯アプリ 恋維新 幕末LOVERS 平穏終幕 原田左之助 恋人は御曹司 青海正剛 フィアンセ編 ハピエン 長尾景勝 通常結末 上杉景勝 第二幕 サイバーパネル 衝撃 報告 方丈黒太郎 司馬将太郎 修一 結婚編 恋人は同居人 ノーマルエンド 真田幸村 榊宗一郎 ラストソングを君に グトエン 天下統一・恋の乱 ノマエン 五章 セカンド 小笠原諒 源頼朝 極上終幕 恋戦隊 千鳥博士 LOVE&PEACE ロストエンド 恋戦隊LOVE&PEACE 王子様のプロポーズ エドワード 神崎圭一郎 高杉征人 三國亮 アリスマティック CAPAT 月並終幕 源氏 武蔵坊弁慶 無情終幕 斉藤一 長尾景虎 上杉謙信 四章 時の恋人 久良木雪敏 家庭教師に恋シテル 伊達 亨司 深町葉介 バッドエンド MEMORIES★時の恋人 都祭航 MEMORIES 如月公平 美咲輝 奈落終幕 ロベルト王子 ロベルト・バトン 3X ダーク 機械怪人ダーク 獅堂櫂斗 ワールドレオ 地震 エピローグ ロベルト ロベルト・バトン王子 平維盛 平氏 至福終幕 木曾義仲 近藤勇 藤守賢史 キース キース・アルフォード 平知盛 代官山シークレットLOVE 桐島響 初詣 三章 アプリ 織田信長 戦国LOVERS 本編 地獄終幕 今井兼平 ジョシュア ジョシュア王子 ジョシュア・リーベン  劉備玄徳 三国志LOVERS 極楽終幕 セカンドシーズン 明智誠臣 通常終幕 続編~」近藤勇/第二幕 越後 2011年 二章 2010年 序章 第二部 新撰組 エドワード=ルヴァンソワ 完結編 明智光秀 突然終幕 菊川荘太郎 御堂要 同棲編 執事 日野先生 日野凱 教師 梶原景時 澤怜司 SIVA 羽柴秀吉 柴光太郎 恋愛GOOD 放課後の恋人 芹沢碧 2年後編 雅季 沢渡真 彼と禁断の男子寮」 牧村朋久 夏目京助 恋愛グッドエンド トキメキ幻想★恋スル源平 武田信玄 機械人間ダーク  グレン・J・カシラギ グレン 恋愛ハッピー 平重衡 グレン王子 英雄★三国志LOVERS 東宮晶 恋愛グッド 深國明彦 理事長 有沢丈太郎 平教経 一条瞬 恋愛ハッピーエンド ウィル・A・サスペンサー ウィル王子 ウィル 秋月祐士 甲斐マクシミリアン 二階堂薫 幕末乱れ咲 桂小五郎 坂本龍馬 裕次 3年後 直江兼続 9月 猿飛佐助 彩木嵐士 ヘアメイクコンテスト 稲森悠 アブナイ★恋の捜査室 恋維新・幕末LOVERS 土方歳三 恋戦隊★LOVE&PEACE 黒峰継 伊達政宗 アンとケイト アンケート 有里駿輔 サッカー大会 朝比奈和哉 総長 山南敬助 小早川大樹 2年後 8月 いざ、出陣!恋戦 機械人間ゼロ ゼロ 元樹一真 室長 穂積泪 ウエディング 加瀬大樹 雅弥 緒方杏平 水橋透 新キャラ 金城レオン 執事エンド サブキャラ 柊薫 7月 一章 新婚旅行編 花咲雅楽 恋人はミュージシャン 岡田以蔵 恋愛エンド 青山玲士 六章 新婚旅行 史実結末 前田慶次 恋人エンド 姫川悠 猿飛黄平 遠野理人 赤木風太 神前挙式エンド ウエディング編 葉山瑠禾 平敦盛 平氏編 一之瀬琉緯 2人挙式エンド 佐藤堅司 2人っきり挙式エンド 野々原陸 百鬼 妖狐様にお願い 共通章 トキメキ最強★オレ様学園 5月予定 我門竜一 麦秋 教会挙式エンド 恋陰陽・源平LOVERS 勝海舟 幕末想伝★恋の嵐 メモ 4月 infoQ ふたりっきり挙式エンド キューモニター サービス終了 ボイスポート 銭金クイズ 服部半蔵  緑川龍 3月 沖田総司 石田三成 荒瀧晋作 神前挙式END 維新派 ボス 関口大和 続編スーパーハッピーエンド 恋人は名探偵 佐々木小次郎 森島太一 マフィアなダーリン 教会挙式END 恋愛END 大阪編 2月 国木田トヲル エステの王子様 尾張編 新編 氏家礼二 ハッピーエンド 南波櫂 ふたりっきり挙式END 氏家礼二 恋人はヴァンパイア 黒崎亜蘭 マスター 増田ヒロ ルームシェア★素顔のカレ 宝来和人 正月の夜 大晦日の夜 日下部一輝 古屋誓 ハリス・スチュアート 神前式END 最終話 新年挨拶 2010 菊原千尋 藍田祐樹 家族エンド 神戸大我 マフィアな★ダーリン 伊達の双璧 小早川秀秋 信頼ハッピー 芹澤清馬 片倉小十郎 大神達 恋人はトップアイドル 清田創一 木曽義仲 東堂寺天休 三浦翼 山荘編 クリス 桜木遼 栗巻文太 及川陽向 デート編 エマノン 新山孝 望月譲 藤堂虹太 K2 No.2 有馬郁人 信頼グット 都賀井滋 放課後の恋人2 君塚彗 藤島時央 霧生慶人 穂月慶 穂月慶エンド 先輩 五十嵐未来 慰安旅行 桜庭裕介 森蘭丸 皇瑠唯 友達エンド 蒼井巧 神楽坂真尋 恋人は御曹子 桜庭祐介 高杉晋作 七蔵二郎 朝丘来人 No.3  本郷潤 霧隠才蔵 大正ロマンチカ 三代川裕一郎 ヒルズの恋人 橘直人 松田慶太 恋の散歩道 五十嵐悟 恋哀日記 TragicEnd NomalEnd 蔵元翔吉 転校生 中瀬楓 信頼グッド 番外編 狙われた大和事務所 ノーマルエンド2 不動幸太郎 恋人シナリオ 5日間 秘密エンド 秋宮史 HAPPYEND 豊臣秀吉 ルート 品川浩人 執事シナリオ 清水次郎長 ハルス 万乗直樹 佐久間律 酒井潤一 NORMALEND 僕は君におとされる 山崎要 葛城圭吾 小畑桂介 夢エンド 響冬馬 END TRUE スーパーハッピー 十五夜、お月様 樋口和彦 恋愛グット 大泉銀河 デート 大寺晃 GOODEND TureEnd 恋する生徒会室 結城一哉 大澤駆 放課後は恋人2 シーズン 西園寺士郎 拍手お返事 岬裕也 織姫と彦星 イベント アプリ調整 婚約エンド グットエンド 一ツ橋颯太 バットエンド 恋人とは名探偵 八木澤慎 乗万直樹 恋愛ベスト 有栖川友樹 矢野達也 NormalEnd 優耶 一文字戒 TRUEEND 東九条歩 最終回 TrueEnd 桂小十郎 仁科竜二 山手竜ノ介 宇宙一の茶人 直江兼続く 高良聖仁 公認エンド ハッピー 恋人トップアイドル 御堂 5日間 高良聖人 SH後 綾小路玲 竜ノ介 和泉涼平 朝倉修一郎 黒川春実 天下御免の傾奇者 放課後の恋人2 黒川春美  天下統一恋の乱 シークレットエンド iMiネット ライフメディア マクロミル お財布.com お小遣いサイト 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「英雄★三国志LOVERS」劉備玄徳/最終話

今日で最終話でした。
結果は・・・・・・・、極楽終幕!

タイトル「交錯」
(選択肢含むネタバレ↓)








































<選択肢>
10日目・・・スチル
*無言で抱き締める


来たのは、劉備!
皇女を背後に導くと、董卓に向けて剣を構えます。
「・・・・董卓、急所は外してある。二人だけで決着を付けよう。」
「はーっはっは!青二才の分際で何をほざく!急所を外したのは甘かったな。貴様の一撃程度では俺はなんともないわ!しかし、貴様に用はない! 呂布はどうした!」
「呂布は兵を引き揚げ、貴方を殺しに向かっている。」
「・・・・何だと!? どうして呂布が!?」
「董卓、貴方はやり過ぎたんだ。」
「呂布め・・・・裏切ったか! 飼い犬の分際で・・・・!」
「呂布が来る前に、私は貴方と決着を付けたい。」
「貴様如きに何ができる!」
剣を抜き、劉備に飛びかかる董卓。
「劉備! 危ない!」
「・・・・っ!」
二人の刃が交差し、無数の火花が散る。
「俺も武力で名を馳せた武将! お前如きに遅れは取らんわ!」
「・・・・雲長! 翼徳! ○○皇女を連れて安全な場所へ!」
「御意!」
「○○ちゃん、行くぜ~!」
「し、しかし劉備が・・・・!」
「今の長兄なら大丈夫! それより○○ちゃんの身が大事だ!」
「でも・・・・!」
「失礼。」
関羽は皇女を素早く抱きかかえると、そのまま全速力で走り去ります。
「劉備! 劉備ーっ!」
「あっ、俺を置いていくなよな!」
関羽の後を追う、張飛。

「貴様! ○○皇女をどうするつもりだ!?」
「・・・・鬼の手から守る。ただそれだけだよ。」
「貴様如き・・・・! 捻りつぶしてくれる!」
「私には武力も知力も無いかも知れない。でも、私には大義がある!」
「な、何だその力は・・・・!」
劉備は渾身の力を込めて剣を振り翳します。
「私には・・・・○○皇女がいる! 私は敗北する訳には行かない! はっ!
ぐわぁあああああっ! こんな・・・・馬鹿な事が・・・・。」

「・・・・・・・・!」
皇女を抱きかかえていた関羽は、無言のまま急に立ち止まります。
「ど、どうしたのですか?」
「兄者! 急がないと呂布が・・・・!」
「あ・・・・!」
「貴様らがどうして此処にいる!? ○○皇女を何処に連れて行くつもりだ!!」
「・・・・翼徳!」
「おう! ここは俺に任せろ!」
「どけ! 貴様に用は無い!」
「兄貴と○○ちゃんは早く宮廷を脱出するんだ! ・・・・呂布! 今度は負けないぜ!」
「この雑魚がーっ!」
「張飛! 危ない!」
「翼徳なら心配ご無用! 今は脱出に専念しましょう!」
「は、はい・・・・!」
(劉備・・・・! 張飛・・・・! どうか無事で・・・・!)

「き、貴様らは何をしている!」
「董卓を討つ! これからは呂布将軍の時代だ!」
「む、謀反か! 出あえ! 呂布は寝返ったぞ!」
「董卓を討ち、○○皇女様を取り戻すんだ!」
董卓直属の兵と、呂布軍が火花を散らし、激しく混乱する宮廷。
その中を、皇女を抱えた関羽が槍を振るい、走り抜けて行きます。

呂布軍に続き、曹操軍も到着し・・・宮廷内はまさに大混乱。
宮廷の外には、馬車で皇女を待つ二つの影がありました。
「・・・・孔明殿、この大混乱こそが貴方の狙いだったのですか?」
「・・・・無礼な事を言わないで下さい。書簡で呂布の謀反の心を飢え付けるのは成功しました。しかし、既に事態は策を外れて急転しています。曹操殿が此処まで迅速に長安を攻めるとは思いも・・・・。」
「失礼する! ○○皇女殿を無事にお連れした!諸葛亮、急ぎ馬車を指定の場所へ走らせよ!」
「・・・・心得ました。その調子では私たちだけで向かった方が宜しいですね。」
「俺たちは後ほど合流する!」
「え? 関羽はどこに行くのですか?」
「俺は兄者、翼徳の助太刀に参りまする!」
「無茶です! 今からあの戦場と化した宮廷に戻るのですか!?」
「失礼!」
関羽は迷うことなく、一心不乱に宮廷へ。
「関羽・・・・!」
「義兄弟の血は家族よりも濃い・・・・ですか。背筋が冷たくなるような美談ではありませんか。・・・・趙雲殿、馬車を走らせて下さい。」
「了解。○○皇女様、揺れますのでしっかりおつかまり下さい。」

一方、激しい戦いが繰り広げられている宮廷。
「・・・・献帝の確保を急げ! 他の雑魚には目をくれるな!」
混乱に乗じて曹操軍が乗り込むと、宮廷は更に混乱を極めます。
「曹操! あれを見ろ!」

「しつこい! そこをどけ!」
「ここを通すわけには行かない!」
傷だらけになった張飛は、依然として呂布の前に立ちはだかってました。
「この死にぞこないが!」
「ぐっ・・・・!」
呂布は張飛の鳩尾に容赦なく蹴りを入れ、張飛は苦しげに呻きます。

「呂布は危険だ。此処で仕留めた方が良い。・・・・元譲、お前は呂布を討て。」
「お前はどうするんだ?」
「・・・・それは言えないな。想像して楽しんでおけ。」
「ちっ! 勝手な奴だぜ!」
「呂布は任せたぞ!」

「張飛! 今の話聞いてただろ、呂布は俺が討つ!お前は引っ込んでいろ!」
「ふざけるな! 俺の出番を取る気か!」
「カッコつけるな! 負けそうなんだから喜んで引っ込んでろ!」
「なに~! この俺が負けるもんかよ!」
「バカ! 敵は俺じゃないだろう!」
「曹操軍も来たか・・・・。・・・・潮時だな。お前ら、くだらない争いは勝手にやっていろ!俺は兵を率いてこの長安を制する!」
呂布はその場から退却。
「あ~! 呂布が行っちまったじゃねえか!」
「お前のせいだぞ! このバカコウトン!」
「バカコウトン・・・・それで気の利いた事を言ったつもりか!」
「バカコウトン! バカコウトン!」
「お前な~! ガキのケンカじゃ・・・・。」
「この愚か者どもが!」
「あだっ!」
「・・・・痛っ! な、何で俺まで殴るんだ!」
「ついでだ。お前たちときたら、この非常事態に何をやっているんだ。」
「それにしても、兄貴いつの間に戻ってきたんだ? ○○ちゃんはどうしたんだよ!」
「○○皇女殿の安全は確保した。 翼徳! 兄者を救出に行くぞ!」
「お、おう!」
「ちょっと待て! どこに行くつもりだ! って、俺は呂布を追わねえと!」
「・・・・おい。・・・・呂布はどうした?」
「も、猛徳!」
「いや、違うんだ! 張飛の野郎・・・・いや関羽が・・・・!」
「まあ良い。愚かなる野獣を討つ機会はまたあるだろう。」
「・・・・それ、誰だ?」
「行くぞ。俺たちは目的を達成した。」

その頃、董卓と死闘を繰り広げた劉備は・・・・。
「・・・・・・・・。」
「兄者! 無事でしたか!」
「長兄! なんか言えよ。」
「・・・・・・・・。」
仰向けに倒れた董卓を見下ろしたまま、静かに物思いに耽ってました。
「兄者、どうしました?」
「・・・・・・・・。」
「どうしたんだよ! 董卓を倒したくせに時化たツラして!」
「・・・・・・・・何だか哀れになってね。」
「哀れ? 悪道の限りを尽くしたんだから当然の結末だろ!」
「・・・・・・・・それはそうかも知れないけど・・・・。・・・・・・・・天下に手を掛けた男の無念が・・・・私には痛いんだ。・・・・・・・・良かれ悪かれ、志半ばで倒れたその無念の強さが・・・・。・・・・・・・・どうしてか、身にしみるんだよ・・・・。」
「なるほど。もし自分が董卓の立場だったら・・・・と考えると、少し分かる気がします。」
「素直に大勝利に喜べばいいだろ!こんな時まで善人ヅラしなくていいんだって!」
「兄者、呂布軍と董卓軍の戦いに乗じ、曹操殿までがこの長安を攻めております。俺たちができることはもうありません。撤退しましょう。」
「・・・・○○皇女は無事かい?」
「はい。諸葛亮に預け、指定の場所で兄者を待っているかと。」
「そうか・・・・本当に、ご無事で良かった・・・・。・・・・行こうか。○○皇女の下へ。」
「おう! そう来なくっちゃ! でも兄貴、どうやってここから逃げる?周りは呂布軍や董卓軍に囲まれてるんだぜ?」
「・・・・俺たちが盾になる。それしかないだろう。」

人気のない森の中。
諸葛亮に劉備に仕えたいのか聞くと・・・。
「・・・・それはどうでしょうか。全ては劉備殿が私の計を受け入れてくれるかどうかに掛かっています。」
「・・・・貴方は何か企んでいるのですか?」
「企んでいるのは曹操殿と孫堅将軍。私はその対抗策を提案するのみです。」
孫堅将軍は洛陽で伝国璽を入手。
伝国璽は歴代王朝、皇帝に代々受け継がれてきた玉璽(=皇帝の証になる印章)。
孫堅将軍はそれを盾に取り、何れ自らの国を興す。
それを知った、曹操は無理を承知で長安を攻め・・・献帝を手中に。
曹操の目的は、董卓のように献帝と漢帝国を支配すること。
「・・・・だから、私は劉備殿に提案するのです。天下三分の計を。」
今、漢帝国は曹操と孫堅将軍の手で、二つに分かれる可能性を秘めている。
が、何れが勝利してもその正統性を著しく欠く国家。
この二大勢力に対抗すべく、正義たる第三の勢力を作りたい、と。
その第三の勢力が、劉備。
多少出自は怪しいけど、劉姓を持つ劉備ならその資質はある。
例え血筋が本物でなくても、皇女がいる、と。
「貴方様は漢帝国の血を引き継ぐ皇女。劉備殿と貴方様の繋がりのみが、第三の勢力となり得るのです。」
「わ、私に劉備と婚姻しろと?」
「・・・・え? お嫌なのですか?」
「い、嫌な訳ではないのですが・・・・。」
「それでは決まりですね。」
「そ、そんな・・・・!」
「・・・・おや、噂をすれば。劉備殿が来ましたよ。」
(ここでスチル・・・・・!)
「○○皇女、只今戻りました。」
「劉備・・・・! 無事だったのですね!」
劉備に突然抱きしめられた皇女は、思わず劉備を抱きしめ返してました。
(劉備・・・・生きて戻ってきてくれてよかった・・・・。この気持ちを私はなんと伝えよう・・・・?)
皇女は無言のまま、しかし強く劉備を抱きしめ・・・。
「・・・・苦しいです。」
「ご、ごめんなさい!」
「でも、とても嬉しいです。また○○皇女にお会いでき、抱き締められるとは思っていませんでしたから。」
「・・・・私も・・・・です。」
「・・・・そろそろ限界かもしれません。」
「限界?」
「呂布ではありませんが・・・・。・・・・○○皇女のとても良い香りが私を狂わせます。」
「劉備・・・・。」
「・・・・私がおかしくなってしまうまで、こうさせて下さい。」
「は、はい・・・・。」
「・・・・貴方が呂布にさらわれてから・・・・ずっとこの日を待っていました。もう二度と貴方を離しません。」
「劉備、漢帝国は・・・・私たちはこれからどうなるのですか?」
「・・・・今は忘れましょう。○○皇女、貴方は私の手の中にずっと居て下さい。そしてしばらくはこのまま・・・・貴方を抱き締めさせて下さい。私が必ず貴方を幸せに・・・・笑顔にしてみせます。その日まで・・・・私の隣にいてくれますか?」
「・・・・はい。」

「・・・・少し妬けるな。」
「何だよ! 長兄だけ得しちゃってさ!」
「つまらない嫉妬はよせ。最初からこうなると分かっていただろう。」
「ちぇ~! 俺たちだって頑張ったのにな~!」

「・・・・どうして曹操が丞相になるんだ!?反董卓連合の盟主は私である筈なのに・・・・。曹操め、また私を利用したのか・・・・どこまでも私を蔑ろにして・・・・!曹操・・・・何時までも私を甘く見てると痛い目に遭うぞ・・・・!」

「・・・・親父、本気なのか?伝国璽があるからって・・・・本当に国を興す気なのか?」
「・・・・分からぬ。丞相となった曹操の動きを見てから判断する。」
「董卓を討ったかと思えば、今度は曹操殿が丞相に・・・・。・・・・これから漢帝国はいったいどうなっちまうんだ?」

「・・・・俺は董卓とは違います。献帝に仕える家臣として、必ずや漢帝国を復興させて見せます。」
「曹操、私はお前を信じていいのか?」
「無論です。丞相として陛下に忠誠を誓いましょう。」
「お前はこれから何をする気だ? 何を企んでいる?」
「・・・・陛下も人が悪い。そう俺を疑わないで下さい。ひとまず謀反の呂布を討ち、伝国璽を陛下の下へ取り戻します。・・・・時代が動くのはそれからです。」
「時代が動く?」
「間違いなく時代は動きます。董卓を討つ間にも、哀紹、孫堅、劉備は大きく力を付けました。英雄たちの時代は、もう直ぐそこまで来ています。・・・・陛下、どうか争乱の御覚悟を。」




極楽だけど・・・・すっきりしない終わり方です^^;
いかにも続編に続きそうな・・・←実際に続編アリ
本編では、両思いになるだけなのかな??
スポンサーサイト
| HOME | 「トキメキ幻想★恋スル源平」平知盛/5~6日目

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。