S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06« 2017/07 »08

参加してます

「1ポチリ」が更新の励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

ページタイトル new林檎
携帯:SoftBank(SH)
お小遣いサイトに参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウント


現在の閲覧者数:
皆様、ありがとうございます!

ユーザータグ

   

挨拶 新年 守ってナイト ハッピーエンド モバゲー 攻略 氷浦浩介 彼と禁断の男子寮 円城寺雄大 ホープエンド GREE 剣崎鷹明 ヴァンパイアKISS ラブエンド 鐘ヶ江基 柊由希彦 柊千歳 魔法少女フォーリンラブ 朝日俊平 和栗一也 拍手返事 アンケートサイト AIP マイボイス 近況 鈴村陽光 彼と禁断の保健室 芥川正午 放課後タイムトリップ グッドエンド 青木智大 鬼一法眼 至福エンド トキメキ幻想 恋スル源平 2nd アブナイ 小野瀬葵 恋の捜査室 高坂昌信 恋戦 いざ、出陣 マウス 幸福エンド ナガシマスパーランド ハリー・ポッター 死の秘宝 映画 6月 乙女ゲーム 予定 携帯 続編 トキメキ最強 スーパーハッピーエンド スパハピ 岩崎秀太郎 オレ様学園 訃報 天下統一 徳川家康 恋の乱 源義経 現代エンド いざ出陣 甲斐 祝言結末 最近 いざ、出陣! うつろう波に心寄せ 恋陰陽 源平LOVERS 番外 携帯アプリ 恋維新 幕末LOVERS 平穏終幕 原田左之助 恋人は御曹司 青海正剛 フィアンセ編 ハピエン 長尾景勝 通常結末 上杉景勝 第二幕 サイバーパネル 衝撃 報告 方丈黒太郎 司馬将太郎 修一 結婚編 恋人は同居人 ノーマルエンド 真田幸村 榊宗一郎 ラストソングを君に グトエン 天下統一・恋の乱 ノマエン 五章 セカンド 小笠原諒 源頼朝 極上終幕 恋戦隊 千鳥博士 LOVE&PEACE ロストエンド 恋戦隊LOVE&PEACE 王子様のプロポーズ エドワード 神崎圭一郎 高杉征人 三國亮 アリスマティック CAPAT 月並終幕 源氏 武蔵坊弁慶 無情終幕 斉藤一 長尾景虎 上杉謙信 四章 時の恋人 久良木雪敏 家庭教師に恋シテル 伊達 亨司 深町葉介 バッドエンド MEMORIES★時の恋人 都祭航 MEMORIES 如月公平 美咲輝 奈落終幕 ロベルト王子 ロベルト・バトン 3X ダーク 機械怪人ダーク 獅堂櫂斗 ワールドレオ 地震 エピローグ ロベルト ロベルト・バトン王子 平維盛 平氏 至福終幕 木曾義仲 近藤勇 藤守賢史 キース キース・アルフォード 平知盛 代官山シークレットLOVE 桐島響 初詣 三章 アプリ 織田信長 戦国LOVERS 本編 地獄終幕 今井兼平 ジョシュア ジョシュア王子 ジョシュア・リーベン  劉備玄徳 三国志LOVERS 極楽終幕 セカンドシーズン 明智誠臣 通常終幕 続編~」近藤勇/第二幕 越後 2011年 二章 2010年 序章 第二部 新撰組 エドワード=ルヴァンソワ 完結編 明智光秀 突然終幕 菊川荘太郎 御堂要 同棲編 執事 日野先生 日野凱 教師 梶原景時 澤怜司 SIVA 羽柴秀吉 柴光太郎 恋愛GOOD 放課後の恋人 芹沢碧 2年後編 雅季 沢渡真 彼と禁断の男子寮」 牧村朋久 夏目京助 恋愛グッドエンド トキメキ幻想★恋スル源平 武田信玄 機械人間ダーク  グレン・J・カシラギ グレン 恋愛ハッピー 平重衡 グレン王子 英雄★三国志LOVERS 東宮晶 恋愛グッド 深國明彦 理事長 有沢丈太郎 平教経 一条瞬 恋愛ハッピーエンド ウィル・A・サスペンサー ウィル王子 ウィル 秋月祐士 甲斐マクシミリアン 二階堂薫 幕末乱れ咲 桂小五郎 坂本龍馬 裕次 3年後 直江兼続 9月 猿飛佐助 彩木嵐士 ヘアメイクコンテスト 稲森悠 アブナイ★恋の捜査室 恋維新・幕末LOVERS 土方歳三 恋戦隊★LOVE&PEACE 黒峰継 伊達政宗 アンとケイト アンケート 有里駿輔 サッカー大会 朝比奈和哉 総長 山南敬助 小早川大樹 2年後 8月 いざ、出陣!恋戦 機械人間ゼロ ゼロ 元樹一真 室長 穂積泪 ウエディング 加瀬大樹 雅弥 緒方杏平 水橋透 新キャラ 金城レオン 執事エンド サブキャラ 柊薫 7月 一章 新婚旅行編 花咲雅楽 恋人はミュージシャン 岡田以蔵 恋愛エンド 青山玲士 六章 新婚旅行 史実結末 前田慶次 恋人エンド 姫川悠 猿飛黄平 遠野理人 赤木風太 神前挙式エンド ウエディング編 葉山瑠禾 平敦盛 平氏編 一之瀬琉緯 2人挙式エンド 佐藤堅司 2人っきり挙式エンド 野々原陸 百鬼 妖狐様にお願い 共通章 トキメキ最強★オレ様学園 5月予定 我門竜一 麦秋 教会挙式エンド 恋陰陽・源平LOVERS 勝海舟 幕末想伝★恋の嵐 メモ 4月 infoQ ふたりっきり挙式エンド キューモニター サービス終了 ボイスポート 銭金クイズ 服部半蔵  緑川龍 3月 沖田総司 石田三成 荒瀧晋作 神前挙式END 維新派 ボス 関口大和 続編スーパーハッピーエンド 恋人は名探偵 佐々木小次郎 森島太一 マフィアなダーリン 教会挙式END 恋愛END 大阪編 2月 国木田トヲル エステの王子様 尾張編 新編 氏家礼二 ハッピーエンド 南波櫂 ふたりっきり挙式END 氏家礼二 恋人はヴァンパイア 黒崎亜蘭 マスター 増田ヒロ ルームシェア★素顔のカレ 宝来和人 正月の夜 大晦日の夜 日下部一輝 古屋誓 ハリス・スチュアート 神前式END 最終話 新年挨拶 2010 菊原千尋 藍田祐樹 家族エンド 神戸大我 マフィアな★ダーリン 伊達の双璧 小早川秀秋 信頼ハッピー 芹澤清馬 片倉小十郎 大神達 恋人はトップアイドル 清田創一 木曽義仲 東堂寺天休 三浦翼 山荘編 クリス 桜木遼 栗巻文太 及川陽向 デート編 エマノン 新山孝 望月譲 藤堂虹太 K2 No.2 有馬郁人 信頼グット 都賀井滋 放課後の恋人2 君塚彗 藤島時央 霧生慶人 穂月慶 穂月慶エンド 先輩 五十嵐未来 慰安旅行 桜庭裕介 森蘭丸 皇瑠唯 友達エンド 蒼井巧 神楽坂真尋 恋人は御曹子 桜庭祐介 高杉晋作 七蔵二郎 朝丘来人 No.3  本郷潤 霧隠才蔵 大正ロマンチカ 三代川裕一郎 ヒルズの恋人 橘直人 松田慶太 恋の散歩道 五十嵐悟 恋哀日記 TragicEnd NomalEnd 蔵元翔吉 転校生 中瀬楓 信頼グッド 番外編 狙われた大和事務所 ノーマルエンド2 不動幸太郎 恋人シナリオ 5日間 秘密エンド 秋宮史 HAPPYEND 豊臣秀吉 ルート 品川浩人 執事シナリオ 清水次郎長 ハルス 万乗直樹 佐久間律 酒井潤一 NORMALEND 僕は君におとされる 山崎要 葛城圭吾 小畑桂介 夢エンド 響冬馬 END TRUE スーパーハッピー 十五夜、お月様 樋口和彦 恋愛グット 大泉銀河 デート 大寺晃 GOODEND TureEnd 恋する生徒会室 結城一哉 大澤駆 放課後は恋人2 シーズン 西園寺士郎 拍手お返事 岬裕也 織姫と彦星 イベント アプリ調整 婚約エンド グットエンド 一ツ橋颯太 バットエンド 恋人とは名探偵 八木澤慎 乗万直樹 恋愛ベスト 有栖川友樹 矢野達也 NormalEnd 優耶 一文字戒 TRUEEND 東九条歩 最終回 TrueEnd 桂小十郎 仁科竜二 山手竜ノ介 宇宙一の茶人 直江兼続く 高良聖仁 公認エンド ハッピー 恋人トップアイドル 御堂 5日間 高良聖人 SH後 綾小路玲 竜ノ介 和泉涼平 朝倉修一郎 黒川春実 天下御免の傾奇者 放課後の恋人2 黒川春美  天下統一恋の乱 シークレットエンド iMiネット ライフメディア マクロミル お財布.com お小遣いサイト 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋人は御曹司~フィアンセ編~」青海正剛/最終話

今日で最終話でした。
結果は・・・・・・・、スーパーハッピーエンド!
(選択肢含むネタバレ↓)






































<選択肢>
5日目・・・スチル
*正剛のことが心配だった


違法カジノの連中と対峙する正剛。
「正剛、いい度胸してんじゃねぇか!お前もぶっ殺されてぇのか!」
「生憎だな。俺にはお前らに殺されてやる安い命はない!守ってやらなきゃならないものがあるからな!」
一歩、また一歩と進み・・・。
そのあまりに堂々とした姿に、連中は息を飲みその場を動けません。
「上等だ。そこまで言うなら、本当に死なねぇか試してやるぜ!」
男は銃口を正剛へ。
「正剛!」
「正剛さん!」
振り返ることなく、ゆっくり歩を進め・・・。
「だめ!行っちゃだめ!正剛!」
男は銃を構え直し、改めて正剛に狙いを定めます。
「正剛!」
私はありったけの声で叫んだ。
恐怖と不安で混乱し、涙があふれてしまう。
その時。
「その銃を下ろせ」
「! レ、レオンさん・・・」
「な、なんだ、てめぇら!」
レオンと舎弟たちが、ずらっと入ってきます。
「カジノは包囲した」
「なっ・・・!」
その数と迫力に圧倒される違法カジノ連中。
銃を握った男は、レオンを前に硬直して動けないようでした。
「そいつを貸してもらおうか」
男の手から銃を奪い・・・。
「!?」
「こんなことをして、もちろん覚悟はできているんでしょうね?」
銃口を男の頭へ。
「レオン、待て!暴力はダメだ。何の解決にもならない」
「正剛・・・」
「・・・・・・」
「こいつらにはちゃんと法にのっとって罪を償ってもらう。それがこいつらにとって一番の制裁になる」
「・・・かっこつけやがって」
鼻で笑うと、舎弟たちに顎で指示し、連中を捕らえさせます。
「正剛さん、すんませんでした!俺のせいでこんなことに!」
「バカ野郎!」
子分の胸倉を掴み・・・。
「なんで俺に相談しなかった!」
(正剛・・・)
優しくもあたたかな眼差しを向けます。
小さくため息を吐いた後、振り向いて・・・。
「○○」
「正剛・・・」
涙でにじんで、正剛がよく見えない。
優しく抱きしめてくれます。
「無事でいてくれたよかったよ、○○」
ここで選択肢。
「正剛のことが心配だった・・・無事でいてくれて本当によかった・・・。正剛になにかあったら私・・・」
「俺には○○という守るべきものがあるんだ。だから死ぬわけないだろ?」
大好きな正剛の声が胸に響く。
正剛の胸に顔を埋め、ぬくもりを感じると、ますます涙が止まらなくなった。
その時。
「正剛!○○!」
「みんな・・・」
顔を上げると、みんなが走って部屋に入ってきます。
「バイクの男を捕まえてて遅れちゃったんだ。ごめん!」
「彼、裏社会で有名なヒットマンだったみたいでね、ちょっと手こずっちゃった」
「それで違法カジノの連中は?」
「見ての通りレオンたちが捉えて、これから警察に引き渡すところだ」
「そっか、片付いちゃったんだね」
「それより、二人とも怪我はないか?大丈夫か?」
「ありがとう、私は大丈夫」
涙を拭いながら、笑顔を浮かべます。
「ってゆーか・・・」
みんながなぜか顔を見合わせて、ニヤリ。
「わりいな!俺たちかなり空気読めてなかったぜ・・・」
「帰るとするか」
「え、なんで?」
「気にしないでいいから!」
「さ、退散!」
「どうして!?」

「あいつら、なんか変だよな」
「いきなり帰っちゃうなんて、どうしたんだろう?」
顔を見合わせて首をかしげます。
が・・・どちらからともなく視線を下に向けると、正剛は私に両腕を回したままだった・・・。
「これじゃあ、あいつらにも居にくかったよな・・・」
「うん・・・」
思わず笑い合い・・・。
もう一度ふわりと抱きしめられ、何度も髪にキス♪

その後、病院へ。
医者が正剛の傷口を診ようと包帯を外すと、目を丸くします。
「回復力が驚くほど早いですね。傷の状態はまったく心配要りませんよ」
「本当ですか!正剛、よかったね!」
「あぁ!」
「青海さんは相当頑丈なんですね」
「先生、これくらいの傷はどうってことありません」
「それにしても、いきなり病室を飛び出て行ったときにはびっくりしましたよ」
「すみません。大変失礼しました」
頭を下げると、静かに視線を向け・・・。
「どうしても彼女を助けなければならなくて」
「正剛・・・」
医者は主人公を見て、にっこり。
「私や看護士が止める間もなくすごい勢いで出て行ったんですよ。それも今のように穏やかな青海さんとは別人のようでした。だから、よっぽどのことがあったんだと思っていたんです」
もう一度正剛を見て。
「あと1週間くらいで退院できるでしょう。それまではなるべく安静にしていてください」
「わかりました。先生、本当にありがとうございました」
会釈をした後、医者は退室。

「もうすぐ退院できるみたいでよかったね。みんなも喜ぶよ」
「○○のおかげだよ。ありがとう」
「ううん、全然」
ベッドの脇の椅子に座ります。
病室には私と正剛、二人きり。
静かな時間が流れる。
「正剛、助けて来てくれて本当にありがとう」
「○○を助けるのは当たり前だろ」
「でもあそこにいるってどうしてわかったの?」
「レオンに聞いたんだ。俺が麻酔からさめたら○○がいなくて、何か嫌な予感がしたんだ。そこでレオンなら何でも知ってるんじゃないかって電話した」
「そうだったんだ・・・」
「居場所を聞いたとき、目の前が真っ暗になったよ」
「ごめんなさい。どうしても止めなきゃって思って、とっさに出て行っちゃったの」
「俺の子分を守ろうとしてくれてありがとう、○○。でも、○○になにかあったらと思うと、生きた心地がしないんだ」
「正剛・・・」
「俺のためにも無理しないでほしい。約束してくれ」
やさしく諭すような言い方に、素直に頷きます。
ふと時計を見ると、深夜。
「さあ、正剛。もう遅いから休もう?」
正剛をベッドに寝かせ、肩まで布団をかけます。
「おやすみ。ぐっすり眠ってね」
「○○はどうすんだ?帰るのか?」
「ううん。ここにいるよ。イスに座って寝てる」
「○○」
布団から手を出され、軽く握り締めると・・・。
「今夜は二人きりだ。もっと近くにいたい。こっちおいで」
次の瞬間、手をグイッと引っ張られます!
「え、せ、正剛・・・!?」
布団の中にすっと引き入れられ・・・。
「!?」
「一緒に寝よう」
「ちょ、ちょっと・・・誰か来たらどうするの!?」
「呼ばない限りは誰も来ないよ」
腕枕をして、優しく抱きしめられます。
「こ、これじゃ、正剛休めないでしょ!?」
「俺は休まなくていい」
「傷が開いちゃうよ!?」
「俺の体はそんなにやわじゃない」
「で、でも・・・」
クスッと笑うと、顔を覗き込まれ・・・。
髪を撫でたり、すいたりを繰り返します。
「それから?」
「それからって?」
「誰か来るのと、休めないのと、傷が開くのと、あとは?」
「えっと・・・」
言葉に詰まると・・・正剛はわざとニヤリ。
「どうやらなさそうだな。だったら・・・」
おでこにそっとキス♪
続いて、瞼、鼻、頬へ・・・。
「せ、せい・・・ごう?」
「今さらだめとは言わせない」
「でも・・・」
それ以上言わせないように、唇が重なります。
ふわりと包み込むようキス。
優しい軽いキスから、次第に深まり・・・。
「こんな穏やかな時間は久しぶりだ・・・」
「うん・・・」
「だから今日はずっとこうしていたい」
お互いに、やさしいキスには、やさしいキスを。
甘いキスには、甘いキスを返す。
正剛の手が髪から首筋に下りてきて、ぬくもりがより伝わってくる。
私たちはいつ終わるともわからないキスをしたまま、いつしか眠りについた。

翌日。
テレビをつけると、例の事件が報道されてました。
『今回の事件で当初疑われていた青海正剛さんは無実になり、違法カジノを営んでいたリーダーが逮捕されました』
どちらからともなく顔を見合わせ、小さく頷き・・・。
『なお、これまでに局には全国の孤児院をはじめ、青海さんにお世話になったという多く方から、青海さんの無実を訴えたお手紙や電話がありました』
「え・・・」
「うれしいね、正剛。みんなが正剛を信じてくれてたんだね」
「俺の知らないところでみんながこんなふうに・・・」
お世話になったという人のインタビューが流れ、手紙等が紹介されます。
正剛はテレビの画面をやさしい眼差しで見つめ・・・。
その時、病室のドアがノック。
「失礼します」
現れたのは・・・両親!
「お父さん!お母さん!」
「いきなり申し訳ない。ただどうしてもすぐにお見舞いに来たくてね」
「わざわざありがとうございます」
「お体の具合はいかがですか?」
「お陰様で傷の治りも早くて、あと1週間ほどで退院できそうです」
「それはよかった」
「実は東宮さんをはじめ皆さんから連絡をいただいたんです」
「え・・・」
「彼らから正剛君の事情は聞いたし、ニュースも見たよ」
「この度は大変お心配とご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」
正剛が深々と頭を下げると、父親は首を横に振ります。
「いや、こっちこそ、君を疑って申し訳なかった。どうか許してほしい」
「本当にごめんなさいね」
頭を下げる両親。
「とにかく正剛君が無事でいてくれてよかったよ」
「お父さん・・・」
「そして、約束どおり娘を守ってくれて本当にありがとう」
「私にとって○○さんを守るのは、当然のことです」
「君もすでに分かっていると思うが、○○は昔から無茶ばかりする子だ。でも、正剛君のような人になら安心して任せられる」
「私も夫も、正剛君のことを心から信頼しています」
「お父さん、お母さん・・・」
(私たちの交際、認めてくれた・・・)
胸がじんとして、目の周りが熱くなります。
「どうか、娘をよろしくお願いします」
「私の方こそ、どうぞよろしくお願いします」
正剛の目には強い意志と優しさが溢れてました。

それからしばらく後、正剛の傷は完治。
『OMI Enterprise』も順調に動き出します。

ある日の午後。
“OMI Enterprise”が建てた孤児院第1号のオープンパーティーに招待されます。
『カジノを軸に、日本の孤児院や福祉事業に利益を還元して、社会貢献したい』
そう語ってくれた正剛。
正剛はその言葉通り、夢を現実にさせた。

「○○、待ってたよ」
ホテルのロビーにいると、正装した正剛が来ます。
「今日は来てくれてありがとう」
「念願の孤児院オープン、おめでとう」
柔らかく微笑むと、手を取り・・・。
「○○、ちょっと来てもらえるかな」

連れてこられたのは、ドレスルーム。
「このドレス、来てほしいんだ」
正剛の視線の先には、美しいドレス。
「え、せ、正剛・・・?」
「理由は聞かないでほしい。さあ?」
担当者に目で合図。
意味が分からないまま、担当者に試着室に連れて行かれます。
「会場で待ってるよ」
「ちょ、ちょっと・・・!」
(いきなりドレス着てほしいとか、理由は聞くなとか、一体どういうことだろう・・・?)

─────会場
パーティー前で人はまだ誰もいません。
「ステキだよ、○○」
「ありがとう」
頬に手を伸び・・・。
「こんなに似合うとはな・・・」
優しく撫で、愛しそうに見つめられます。
「○○。話したいことがある」
頬から手を下ろす正剛。
一度視線を外した後、また戻し。
「○○を助けに行って抱きしめたとき、二度と○○を危険な目に遭わせなくないって思ったんだ。そのために俺ができることは・・・」
真っすぐに見つめられます。
「ずっとそばで○○を守り抜くこと」
「正剛・・・」
「今までもこれからも、○○のことを守らせてほしい。恋人としてではなく、生涯のパートナーとして」
「・・・!」
手を取り、そっと口づけ♪
「結婚してくれ」
「せ、正剛・・・」
鼓動が一気に高鳴って、頭がぼんやりする。
あまりに突然すぎて、あまりにうれしすぎて、逆に何が起きてるのかわからない。
「いつ言おうかずっと考えていた。でも、いつか必ず言おうと決めていたんだ」
「正剛・・・」
目の周りが熱くなってきて、正剛が涙でかすんでしまう。
「○○、改めて言う。俺と結婚してほしい」
真剣な顔だけど、目の奥は優しく・・・。
見つめながらうなずくと、涙がほろっと落ちます。
「ありがとう、○○。必ず幸せにするよ」
涙を拭われ・・・。
次の瞬間、お姫さま抱っこ!
「えっ、せ、正剛!?」
驚いたのも束の間、会場のすべてのドアが開きます。
そこから大勢の子供達が出てきて、クラッカーを一斉に鳴らし・・・。
「正剛兄ちゃん、○○お姉ちゃん、おめでとー♪」
「あ、ありがとう・・・!」
子供達の後ろからは楽器を持った人達が出てきて、演奏を始めます。
続いて入ってきたのは・・・。
「おめでとう、正剛、○○!よかったな!」
「み、みんな!」
「妬けちゃうくらいにお似合いだよ!」
「正剛なら安心してついていけるな、○○?」
「幸せになってね。応援してるよ」
「最高にお似合いのカップルだ。○○はもちろん、正剛も幸せそうだな」
みんなに囲まれ、お祝いを言われたり、冷やかされたり。
続いて入って来た人の中には、レオンや両親、そして子分の人たちの姿も・・・!
「ど、どういうこと!?どうしてみんな!?何がなんだかわからないんだけど・・・」
正剛はにっこり笑うと、そのままステージへ。
「正剛、一体どういうこと?」
「みんなには隠れてもらっていたんだ。はじめに○○にプロポーズしたかったから」
「もしかして知らなかったのって・・・」
「そう、○○だけだよ」
顔を覗き込まれ、おでこにキス♪

─────ステージ
『では、正剛に聞きます』
マイクを取る菊川さん。
『どんなときも○○ちゃんを守り、幸せにすることを誓いますか?』
「誓います」
『では○○ちゃん、正剛を支え、愛することを誓いますか?』
「誓います」
『○○ちゃんに、もうひとつ』
「え?」
『正剛と結婚しても、今までどおり僕たちの○○ちゃんでいてくれますか?』
「そ、荘太郎さん・・・」
「おい、○○。どうなんだよ!」
「まさかこれを機に・・・なんてことないよな?」
「○○に限ってそんなことはないと思うが」
「でも念のために聞かせて、○○ちゃん!」
「どうなんだ、○○?」
「それはもちろん・・・誓います」
会場は大拍手。
『ではご来場の皆様、せーの!』
(皆)「誓いのキスをお願いします!!」
はやし立てるように取り囲むみんな。
「ええっ!ちょ、ちょっと!?」
「荘太郎!?」
『照れてる場合じゃないでしょ。みんながお待ちかねだよ?』
見つめ合い・・・。
(どうしよう、みんなの前でキスなんて・・・)
「仕方ない」
「え、正剛・・・?」
(ここでスチル!)
キス♪
会場は大拍手と口笛でいっぱい!
「は、恥ずかしいよ・・・」
「俺もだ。でもそれ以上に幸せだよ」
「正剛・・・」
「みんなに祝福されながら、誓いのキスができるんだからな」
ふわりとやわらかいキス♪
お互い照れてるからか、いつもより唇が熱く感じる。
(皆)「もーっと!もーっと!」
「あいつらー」
私達はふっと唇を外して、笑い合う。
でもすぐにどちらからともなくお互いの顔が近づき、またキスをした。
「○○、愛してる」
「私もだよ、正剛」
甘く、熱いキスに溶けてしまいそうになる。
大歓声が遠くに聞こえるほど、私はいつまでも幸せなキスを浴び続けた。



途中、ハピエンかも・・・!?
と思ったけど、無事スパハピでした^^
スポンサーサイト
「いざ、出陣!恋戦」長尾景勝(上杉景勝)(2)/11日目 | HOME | 「天下統一・恋の乱~続編~」真田幸村(4)/10話

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。