S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06« 2017/07 »08

参加してます

「1ポチリ」が更新の励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

ページタイトル new林檎
携帯:SoftBank(SH)
お小遣いサイトに参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウント


現在の閲覧者数:
皆様、ありがとうございます!

ユーザータグ

   

挨拶 新年 守ってナイト ハッピーエンド モバゲー 攻略 氷浦浩介 彼と禁断の男子寮 円城寺雄大 ホープエンド GREE 剣崎鷹明 ヴァンパイアKISS ラブエンド 鐘ヶ江基 柊由希彦 柊千歳 魔法少女フォーリンラブ 朝日俊平 和栗一也 拍手返事 アンケートサイト AIP マイボイス 近況 鈴村陽光 彼と禁断の保健室 芥川正午 放課後タイムトリップ グッドエンド 青木智大 鬼一法眼 至福エンド トキメキ幻想 恋スル源平 2nd アブナイ 小野瀬葵 恋の捜査室 高坂昌信 恋戦 いざ、出陣 マウス 幸福エンド ナガシマスパーランド ハリー・ポッター 死の秘宝 映画 6月 乙女ゲーム 予定 携帯 続編 トキメキ最強 スーパーハッピーエンド スパハピ 岩崎秀太郎 オレ様学園 訃報 天下統一 徳川家康 恋の乱 源義経 現代エンド いざ出陣 甲斐 祝言結末 最近 いざ、出陣! うつろう波に心寄せ 恋陰陽 源平LOVERS 番外 携帯アプリ 恋維新 幕末LOVERS 平穏終幕 原田左之助 恋人は御曹司 青海正剛 フィアンセ編 ハピエン 長尾景勝 通常結末 上杉景勝 第二幕 サイバーパネル 衝撃 報告 方丈黒太郎 司馬将太郎 修一 結婚編 恋人は同居人 ノーマルエンド 真田幸村 榊宗一郎 ラストソングを君に グトエン 天下統一・恋の乱 ノマエン 五章 セカンド 小笠原諒 源頼朝 極上終幕 恋戦隊 千鳥博士 LOVE&PEACE ロストエンド 恋戦隊LOVE&PEACE 王子様のプロポーズ エドワード 神崎圭一郎 高杉征人 三國亮 アリスマティック CAPAT 月並終幕 源氏 武蔵坊弁慶 無情終幕 斉藤一 長尾景虎 上杉謙信 四章 時の恋人 久良木雪敏 家庭教師に恋シテル 伊達 亨司 深町葉介 バッドエンド MEMORIES★時の恋人 都祭航 MEMORIES 如月公平 美咲輝 奈落終幕 ロベルト王子 ロベルト・バトン 3X ダーク 機械怪人ダーク 獅堂櫂斗 ワールドレオ 地震 エピローグ ロベルト ロベルト・バトン王子 平維盛 平氏 至福終幕 木曾義仲 近藤勇 藤守賢史 キース キース・アルフォード 平知盛 代官山シークレットLOVE 桐島響 初詣 三章 アプリ 織田信長 戦国LOVERS 本編 地獄終幕 今井兼平 ジョシュア ジョシュア王子 ジョシュア・リーベン  劉備玄徳 三国志LOVERS 極楽終幕 セカンドシーズン 明智誠臣 通常終幕 続編~」近藤勇/第二幕 越後 2011年 二章 2010年 序章 第二部 新撰組 エドワード=ルヴァンソワ 完結編 明智光秀 突然終幕 菊川荘太郎 御堂要 同棲編 執事 日野先生 日野凱 教師 梶原景時 澤怜司 SIVA 羽柴秀吉 柴光太郎 恋愛GOOD 放課後の恋人 芹沢碧 2年後編 雅季 沢渡真 彼と禁断の男子寮」 牧村朋久 夏目京助 恋愛グッドエンド トキメキ幻想★恋スル源平 武田信玄 機械人間ダーク  グレン・J・カシラギ グレン 恋愛ハッピー 平重衡 グレン王子 英雄★三国志LOVERS 東宮晶 恋愛グッド 深國明彦 理事長 有沢丈太郎 平教経 一条瞬 恋愛ハッピーエンド ウィル・A・サスペンサー ウィル王子 ウィル 秋月祐士 甲斐マクシミリアン 二階堂薫 幕末乱れ咲 桂小五郎 坂本龍馬 裕次 3年後 直江兼続 9月 猿飛佐助 彩木嵐士 ヘアメイクコンテスト 稲森悠 アブナイ★恋の捜査室 恋維新・幕末LOVERS 土方歳三 恋戦隊★LOVE&PEACE 黒峰継 伊達政宗 アンとケイト アンケート 有里駿輔 サッカー大会 朝比奈和哉 総長 山南敬助 小早川大樹 2年後 8月 いざ、出陣!恋戦 機械人間ゼロ ゼロ 元樹一真 室長 穂積泪 ウエディング 加瀬大樹 雅弥 緒方杏平 水橋透 新キャラ 金城レオン 執事エンド サブキャラ 柊薫 7月 一章 新婚旅行編 花咲雅楽 恋人はミュージシャン 岡田以蔵 恋愛エンド 青山玲士 六章 新婚旅行 史実結末 前田慶次 恋人エンド 姫川悠 猿飛黄平 遠野理人 赤木風太 神前挙式エンド ウエディング編 葉山瑠禾 平敦盛 平氏編 一之瀬琉緯 2人挙式エンド 佐藤堅司 2人っきり挙式エンド 野々原陸 百鬼 妖狐様にお願い 共通章 トキメキ最強★オレ様学園 5月予定 我門竜一 麦秋 教会挙式エンド 恋陰陽・源平LOVERS 勝海舟 幕末想伝★恋の嵐 メモ 4月 infoQ ふたりっきり挙式エンド キューモニター サービス終了 ボイスポート 銭金クイズ 服部半蔵  緑川龍 3月 沖田総司 石田三成 荒瀧晋作 神前挙式END 維新派 ボス 関口大和 続編スーパーハッピーエンド 恋人は名探偵 佐々木小次郎 森島太一 マフィアなダーリン 教会挙式END 恋愛END 大阪編 2月 国木田トヲル エステの王子様 尾張編 新編 氏家礼二 ハッピーエンド 南波櫂 ふたりっきり挙式END 氏家礼二 恋人はヴァンパイア 黒崎亜蘭 マスター 増田ヒロ ルームシェア★素顔のカレ 宝来和人 正月の夜 大晦日の夜 日下部一輝 古屋誓 ハリス・スチュアート 神前式END 最終話 新年挨拶 2010 菊原千尋 藍田祐樹 家族エンド 神戸大我 マフィアな★ダーリン 伊達の双璧 小早川秀秋 信頼ハッピー 芹澤清馬 片倉小十郎 大神達 恋人はトップアイドル 清田創一 木曽義仲 東堂寺天休 三浦翼 山荘編 クリス 桜木遼 栗巻文太 及川陽向 デート編 エマノン 新山孝 望月譲 藤堂虹太 K2 No.2 有馬郁人 信頼グット 都賀井滋 放課後の恋人2 君塚彗 藤島時央 霧生慶人 穂月慶 穂月慶エンド 先輩 五十嵐未来 慰安旅行 桜庭裕介 森蘭丸 皇瑠唯 友達エンド 蒼井巧 神楽坂真尋 恋人は御曹子 桜庭祐介 高杉晋作 七蔵二郎 朝丘来人 No.3  本郷潤 霧隠才蔵 大正ロマンチカ 三代川裕一郎 ヒルズの恋人 橘直人 松田慶太 恋の散歩道 五十嵐悟 恋哀日記 TragicEnd NomalEnd 蔵元翔吉 転校生 中瀬楓 信頼グッド 番外編 狙われた大和事務所 ノーマルエンド2 不動幸太郎 恋人シナリオ 5日間 秘密エンド 秋宮史 HAPPYEND 豊臣秀吉 ルート 品川浩人 執事シナリオ 清水次郎長 ハルス 万乗直樹 佐久間律 酒井潤一 NORMALEND 僕は君におとされる 山崎要 葛城圭吾 小畑桂介 夢エンド 響冬馬 END TRUE スーパーハッピー 十五夜、お月様 樋口和彦 恋愛グット 大泉銀河 デート 大寺晃 GOODEND TureEnd 恋する生徒会室 結城一哉 大澤駆 放課後は恋人2 シーズン 西園寺士郎 拍手お返事 岬裕也 織姫と彦星 イベント アプリ調整 婚約エンド グットエンド 一ツ橋颯太 バットエンド 恋人とは名探偵 八木澤慎 乗万直樹 恋愛ベスト 有栖川友樹 矢野達也 NormalEnd 優耶 一文字戒 TRUEEND 東九条歩 最終回 TrueEnd 桂小十郎 仁科竜二 山手竜ノ介 宇宙一の茶人 直江兼続く 高良聖仁 公認エンド ハッピー 恋人トップアイドル 御堂 5日間 高良聖人 SH後 綾小路玲 竜ノ介 和泉涼平 朝倉修一郎 黒川春実 天下御免の傾奇者 放課後の恋人2 黒川春美  天下統一恋の乱 シークレットエンド iMiネット ライフメディア マクロミル お財布.com お小遣いサイト 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トキメキ最強★オレ様学園~続編~」岩崎秀太郎/LESSON10

今日で最終話でした。
結果は・・・・・・・、スーパーハッピーエンド!

(選択肢含むネタバレ↓)






































<選択肢>
LESSON10
選択肢なし
(スチル)


「ここに来んの、慣れねーな・・・」
「ふふ、そうだね」
「なに笑ってんだよ」
「だって、本当に嫌そうだから」
「ったり前だろ、オレは庶民だぜ。こんな宮殿より家の方が何十倍も落ち着くぜ。ま、○○がいるならどこでも天国なんだけどな」
「秀ちゃん・・・」
「あ。おにーちゃんたち、またイチャついてる」
「ジンくん」
「本当、飽きないね」
「へへ、うらやましいだろ。○○はオレのもんだからな。いくらジンでも譲らねーぜ?」
「いいもん。もっといいカノジョみつけるから」
「○○よりいい彼女ぉ?・・・地球からでないと見つからないだろそれ」
「あはは、なにそれ」
「おにーちゃんは本当、おねーちゃんが好きだね」
「そうだぜ、宇宙で1番大好きだ!」
「もう、秀ちゃんったら・・・。そういえばジンくん、どうしてここに?」
「おにーちゃんたちが来るって聞いたから。父ちゃんに連れてきてもらったんだ」
「お前のオヤジさん、委員長だもんな」
「うん、委員の中で1番えらいんだぞ!父ちゃん、おにーちゃんのこと・・・」
「ジン、ストップ!」
「どうしたの、秀ちゃん」
「そういうのは、直接聞く。ネタバレされたら面白くねーじゃん」
「そ、そうか・・・」
「ジン様、そろそろ・・・」
「ええー。まだ学校に行きたくない」
「えっ、学校サボってきたの?」
「ダメか?」
「ダーメーだ。ほら、戻れ」
「はぁい。・・・じゃ、またね!」
「うん、バイバイ」

「ったく、ジンのヤツとんでもねーな」
「小さい頃の秀ちゃんにそっくりだね」
「オレ?」
「うん。私が風邪引いたとき、学校抜けだしてお見舞いに来てくれたよね?」
「それは、その・・・ほ、ほら。理事長とか待たせたら悪ィだろ。さっさと行くぞ、○○!」
(ふふ、照れてる照れてる)

「やぁー、ニンジャヒーローくん」
「久方ぶりだな、元気そうで何よりだ」
「ニンジャヒーローだあ!?」
「なんですか、それ・・・」
「あれ、知らないの?ほら、この新聞読みなよ。あとこれも、これも・・・」
「わ、一度に沢山新聞を投げないでください!」
「・・・これ、外国語じゃん」
「アラブ語だね。○○さんのはドイツ語」
「なんて書いてあるんですか?」
「『ニンジャヒーローが正義を貫く』とある」
「だから、そのニンジャヒーローって・・・」
「君のあだ名じゃない、岩崎秀太郎くん♪」
「オレの、あだ名・・・?」
「外国人は好きだよね。サムライ、ニンジャ、ゲイシャ・・・」
「ああ。だからニンジャヒーローなんだ・・・」
「くそダサイな・・・」
「君たちは知らないのかい?あの立てこもり事件が全世界に放映されていた事実を」
「ぜ、全世界?!」
「そうだよん。日下部くん特製のスーツにカメラが付いてると聞いて、テレビに繋いでもらったんだ。全世界同時中継でさー、みんなドキドキハラハラだったんだから」
「ま、マジかよ・・・!」
「そ、そんな・・・恥ずかしい・・・」
「恥じることはない。君らの働き、素晴らしかった」
「犯人はワールドレオに恨みを持つ勢力が、雇ったヤクザだったんだ。一歩も引かずに、2人ともよくがんばったね。・・・母校の理事長として、誇らしく思うよ」
「理事長・・・」
「それで、ワールドレオのことなのだが・・・」
「岩崎くん、君に決定したから」
「そーっすか。やっぱりオレは無理だと・・・、・・・は?お、オレがワールドレオ?!」
「そうだよん」
「すごいよ。秀ちゃん、おめでとう!」
「あ、ああ・・・。で、でもオレ・・・ジンを危険な目に遭わせたし。いいトコなんか1つもなかったし」
「あはは。どうして君はそう卑下するのかな」
「君の行動、全て見せてもらったよ。自我を捨て他者を思いやる精神、その魂、世界を引率するものに相応しい」
「は、はぁ・・・」
「それに、課題もクリアしてるじゃない。『世界に最も影響力を与えた男』って」
「でも、新聞に載っただけだろ?」
「あの報道で、全世界の人が悪に立ち向かう勇気をもらったんだ。噂では、国連では先日の事件の日付を『勇気の日』に制定する話が上がってるらしい」
「勇気の日・・・」
「マジかよ・・・」
「マジでーす。・・・おめでとう、岩崎くん」
「○○さん、君は素敵な彼を見つけたね」
「は、はい・・・」
「理事長、なんだよその言い方。それじゃまるで、○○に何の価値もねーみたいじゃん」
「秀ちゃん・・・?」
「今のオレがいるのは○○のおかげだ。○○がいるから、俺はこんなに勇気が湧いてくるんだ。○○のためだから、俺は何だってできる・・・」
「はは、そうだったね。君たちは2人で1人のような存在だった。これからも末永く、お幸せにね」
「ったりまえだ。約束したもんな、○○。世界で1番幸せにしてやるって!」
「うん!」

「ふぅ、戻ってきたな。オレ、家でゆっくり寝たいよ」
「ふふ、そうだね」
「・・・あ、でもゆっくりってのは無理だな。2人きりなんて久しぶりだしさ、今日は一緒に寝ていいよな?」
「しゅ、秀ちゃん?!」
「いいだろ別に。恋人同士なんだからさ。あー、楽しみだな。やっぱり、起きたときにお前の顔を見ないとな!」
「あ、秀サマだ!」
「ん、なんだなんだ?」
(・・・秀サマ?)
「ホントだ、秀サマだ!!」
「秀サマ、いつこっちに戻ってきたんですか?」
「え、な、なんだ? 秀サマって・・・」
「高校生ん中で流行ってるんですよ、秀サマ。ちょいイケメン庶民セレブだって。ね~?」
「そうですよぉ~。生の秀サマ、激ヤバだし。アタシと付き合ってよ、秀サマ♪」
「あ、ずる~い。アタシもアタシも!」
「ちょ、ちょっと・・・な、なんだよ」
(秀ちゃん、まんざらでもなさそう・・・。ど、どうするのかな・・・。 秀ちゃんのことだから、私を選んでくれるはず・・・だよね? でも・・・秀ちゃん、顔真っ赤にしてるし。自信なくしちゃいそう)
「・・・・・・」
「○○・・・。ゴメン。付き合うとか、無理だし」
「え~、なんでですかぁ?」
「オレはこいつ以外のヤツ、興味ねーんだ。じゃあな!」
「あ、ちょっと・・・秀サマ~?」

「秀ちゃん、よかったの?あの子、もっと喋りたそうにしてたけど」
「いいんだよ。オレはお前しか見えねーし。・・・お前、寂しそうにしてたじゃん」
「秀ちゃん・・・。って、私たち、来た道を戻ってない?」
「お、さすが○○!なあ、今から旅行に行こうぜ!」
「え、旅行?!いいけど、準備しなきゃ・・・」
「んなもん必要ねーって。ワールドレオなんだぜ?準備とかきっと何とでもなるし」
「うーん・・・」
「なんだよ、ノリ気じゃねーのか?」
「会場から戻ってきたばかりじゃない。疲れてないの?」
「んだよ、オレの心配してくれてんのか。大丈夫だ、お前と旅行って考えたら目が覚めた。マジで寝かさねーからな。覚悟しろよ?」

「うおー、来たぜ、ハワイ!!」
「飛行機に乗ると時間がすぐ過ぎちゃうね」
「・・・海、きれいだな」
「うん。海がキラキラ輝いて、宝石みたい」
「それを見てるお前の目も、宝石みたいだ」
「うん。光がキラキラ反射して、宝石みたい。秀ちゃん・・・」
顔がゆっくりと近づき・・・・。
(ここでスチル!)
キス♪
「・・・なんでだろーな。お前とのキス、全然飽きねーのって。・・・オレだけがそう思ってんのかな?」
「ううん。私も・・・秀ちゃんとのキス、好きだよ」
「そっか、よかった」
「・・・そういえば」
「ん、どうした?」
「レオ学園にいる時に、ハワイに向けて一緒にビンを流したよね?」
「ああ。そうだな」
「探そうよ。もしかしたら、見つかるかも」
「そんなに簡単に見つかるかあ?」
「駄目で元々、じゃない?」
「まあ、そうだな。やるからには見つけてやる!」

「んー、どこだろ・・・」
「暗くなってきたな。そろそろ帰るか?」
「帰りたい?」
「いや、見つかるまで帰れねぇ」
「あはは、私も」
(けど・・・本当に見つかるのかな。日本の海岸から投げて、ハワイのこの海岸に流れつく確率って・・・。・・・ううん、諦めちゃダメだよね。絶対見つけるんだから!)

(日が傾いてきちゃった・・・)
「・・・・・・」
(うう、全然見つからない・・・)
「へっ・・・くしゅん!」
「! どうした、風邪引いたか」
「ううん、平気。くしゃみが出ただけだよ」
右手を両手で包まれ・・・。
「秀ちゃんの手、温かい」
「バカ・・・○○の手が冷たいんだよ。・・・くやしいけど、ビンは諦めるか」
「えっ。だ、ダメだよそんなの。見つかるまで帰れないって・・・」
「かといってお前に風邪引かせれねーしよ。○○の体の方が何億倍も大切だ」
「秀ちゃん・・・」
 キラッ
「今、向こうで何かが・・・。・・・もしかして!」
「お、おい、どうした!」
一瞬光った場所へ。
「確かここらへんに・・・」
「どうしたんだよ、○○」
「! もしかして、コレ・・・」
「いや、そんな・・・ウソだろ・・・」
『大きくなったら、秀ちゃんと、けっこんする』
『○○とけっこんする!!!』
「2人で書いた手紙が入ってる」
「じゃあ、本物だね?」
「ああ、間違いねーよ!」
「すごいね、ハワイに本当に着いちゃうなんて」
「オレたちの想いが通じたんだろーな」
「ふふ、そうだね。秀ちゃんと結婚かぁ・・・」
「考えられねーか?」
「ううん。素敵だって思うよ」
「そっか。・・・じゃあ、これ・・・」
「これは、オモチャの指輪?」
「そうだ。縁日で買ったヤツ。子供の時、お前に渡そうと思ったんだけど、恥ずかしくて渡せなくてさ。だから、ずっと待ってた。・・・大きくなったら、この指輪でプロポーズしようと思ってさ」
「秀ちゃん・・・」
「・・・いつかハワイに行くって約束したよな」
「うん」
「新婚旅行に行くって約束だったし、順番がごちゃごちゃしてるけどさ・・・この指輪、受け取ってくれるか?」
「秀ちゃん、それって・・・」
「ああ。オレと結婚してほしい」
「・・・うん」
「はは、よかった」
「すごい、私の指にぴったりだよ!」
「こんな安っぽいのでごめんな。戻ったら、すっげーいい指輪買ってやるから」
「ううん、そんなの要らないよ。これ以上の指輪は絶対ないよ。秀ちゃん風に言うと、『地球外に行かないとない』って思う」
「そうか?」
「この指輪、秀ちゃんの想いが詰まってるから。こんなに温かい想いになれるものって絶対、世界のどこにも売ってないよ。秀ちゃん、ありがとう」
「こっちこそ、サンキュな。バカなオレのこと好きになってくれてさ」
「うん、秀ちゃんはバカだね」
「ぐ・・・!」
「だって、私のことばっか考えてるんだもん。もっと、自分を大切にしたらいいのに」
「・・・オレの心配はお前がしてくれたらいいんだよ。お互いが支え合えばいいじゃん。結婚ってそういうのだろ?」
「ふふ。そうだね」
「○○・・・愛してる。オレ、この手を絶対離さないからな」
「うん。私も絶対、秀ちゃんの側を離れないよ」
心地よい静けさの中で、甘くて深い誓いのキスを交わした。

「ほら、さっさと着替えろって」
「べ、別にいいよ」
「よくねーよ。さっき浜でコケたのはどこのどいつだ?」
「私です・・・」
「正解。そのまんまだとホントに風邪ひくぞ?」
「わ、わかったよ。へ・・・っくしゅん!」
「ほら、言ったそばからクシャミしてるし、・・・しかたねーな。オレがくっついて寝てやる」
「え!?」
「だって、その・・・ ・・・風邪は激しい運動で治るんだろ?」
(激しい運動って・・・)
「しゅ、秀ちゃんのエッチ・・・」
「んだよ、○○が悪いんだ。こんなトコで2人きりだぜ?オレ、ガマンできねーし。抱いて・・・いいよな?」
「・・・・・・」
返事が恥ずかしく・・・こくんと小さく頷きます。
「サンキュ」

「○○・・・愛してる。これからも、ずっと」



無事スパハピでした^^
“ニンジャヒーロー”
“ちょいイケメン庶民セレブ”
今回のことで秀ちゃんに新しいあだ名が二つ(笑)
最後はお決まり、プロポーズ♪
・・・・・これを見て、氏家君のプロポーズが見たくなりました(笑)
(でもその前に、エピローグをプレイしないと・・・)
スポンサーサイト
突然の訃報 | HOME | 「トキメキ最強★オレ様学園~続編~」岩崎秀太郎/LESSON9

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。